不安を全て解消|多くの女性が行なっている脇脱毛

最近の事情

中絶手術を望む人の現状

世界中で1年間に行われる中絶手術の件数は約4,500万件にのぼります。その中の約2500万件しか安全な中絶とは言えず、2000万件のも危険な中絶が行われているのが現状です。国内においては、1年間で約290,000件の中絶手術が行われています。この数字は年々減少しています。ですが、人口や全体の妊娠数の比率から見ると決して減少しているとは言えません。中絶と聞くと10代や20代前半の若い女性が受けることを想像する人が多いのではないでしょうか。しかし現状ではどの年代にも中絶を望む人は多く、全ての女性に関わることであると思います。特に10代では経済的理由や環境的な問題から中絶を選択する人が圧倒的に多く、約65%の人が中絶手術を受けるという現状です。

病院選びで気をつけること

中絶手術は産婦人科のある病院ならどこでも受けることができるをけではありません。手術を行うことのできる病院は、母子保護法で指定されている病院のみです。指定医以外の病院で手術を受けることは、法律で禁止されています。手術を希望の際は必ず指定医であるかを確認してください。また病院を選ぶ際は、できるだけ自宅から通いやすい場所にある病院を選ぶようにしてください。術前や術後に何度か通院する必要があります。この他にも、インターネットなどで病院の情報をある程度調べることも大切だと思います。病院の規模や実際に通院している人の評判など情報を得ることで精神的に安定して手術を受けることができると思います。ぜひ、自分自身の身体を大切にしてください。